20代後半で薄毛が気になった体験談

20代後半で薄毛が気になった体験談を紹介します。20代後半の頃、髪の傷みが気になって仕方が無い時期がありました。仕事中でも髪を触ることがクセになってしまっていたと思います。当時は仕事がとても忙しかったため、そのストレスゆえに神経質になっていたのかもしれません。

食事が不規則なうえ睡眠不足が続いていました。そのせいか、なんとなく表面がボコボコしたような髪質になってしまったのです。表面がボコボコしてきたのは、髪全体ではなく髪のうち数本でした。そのため、時々髪を触ってはボコボコした髪の毛を見つけると抜いていたのです。

少しで済めば良かったのですが、だんだんと無意識にそれを行うようになっていました。その結果、頭の頭頂部のところが薄毛になってしまいました。ふと自分で気になって、鏡を2枚使って見てみて気付きました。私よりも先に、周りの人が見て気付いていたかもしれません。でも、人の薄毛をわざわざ指摘する人はなかなかいないですよね。

特に私が女性だったため、気付いていても周りは言わなかったのだと思います。その後は自分で意識するようにして、ボコボコした髪を見つけても抜くことをやめました。美容院でトリートメントをこまめに行うようにしたら、髪の傷みが緩和されて悩まなくなりました。その後は定期的に、鏡を2枚使って頭頂部の薄毛チェックをしています。

M字ハゲ 育毛剤 薬用プランテルはなぜ関心を集めているのか